欲しい人に譲った方が良い

この記事をシェアする
B!

売るのに適した価格とは

まずは相場を調べてみよう

自分の売りたいものが、どのくらいの料金なのか前もって調べてください。
すると、ちょうど良い価格が判明します。
相場より高い料金を設定すると、買い手が敬遠するのでなかなか売れません。
不用品を処分できないので、みんなが買いやすい価格を設定しましょう。
絶対に売れるという自信を持っているものだったら、最初から高い料金を設定しても良いと思います。

他の人が、どのくらいの価格で売っているのか調べると相場が判明します。
相場より少し高い料金を設定する場合は、説明に高い理由を書いてください。
状態が綺麗だからというような理由があれば、相手も納得してくれます。
理由もなしに高額な料金を提示されても、買いたい気持ちにならないでしょう。

相手と交渉しよう

ほとんどのフリマアプリは、相手にメッセージを送ることができます。
買いたいものがあっても、高額で手を出せない時はメッセージを使って売り手と交渉するのがルールです。
フリマアプリで不用品を売っていると、もっと安くできないかというメッセージをもらうかもしれません。
もう少し安くしても良いと思った場合は、値段を下げましょう。

すると相手は買ってくれるでしょうから、不用品を処分できます。
説明欄に価格交渉に応じると記載していれば、みんな気軽にメッセージを送って来るでしょう。
絶対にこの価格で売りたいと執着していると、敬遠されるので気をつけましょう。
不用品を処分することが目的なら、多少安くなっても売った方が良いです。